ネットワーク監視とは?誰でもできる仕事なの?

ネットワーク監視とは?

ネットワーク監視とは、専用のソフトウェアを使用して、ネットワークに異常がないか、正常に作動しているかを監視することです。企業などのネットワークなどでは、社内ステムなど重要なプログラムが入っているため、障害などでサーバーが停止してしまうと、金融系などでは多大な損失を生みかねません。そういったトラブルを未然に防ぐために日頃からネットワーク監視を行い、いち早くエラー箇所を修復します。監視するのはソフトウェアですが、修復などはエンジニアが行います。

ネットワーク監視の仕事は難しい?

ネットワーク監視の仕事内容は、サーバー室での異常の確認や修復、エラーをモニターにて監視する仕事になり、エラーを見つけるとマニュアルにしたがって修復します。マニュアルにない作業や、自分での修復が難しい場合には専門のエンジニアに連絡して修復してもらうので、詳しい専門知識は必要ありませんが、全くネットの知識がない場合は作業する上でとても不便です。研修などである程度の知識は身につきますが、自分でも勉強しておくことが大事です。

ネットワーク監視の賃金は?

働く上で気になるのが就業した場合の賃金のことだと思います。会社や作業内容、経験にもよりますが、平均的に時給1200円~との募集が多く見られます。その他、正社員雇用も多く見られますので、働きながら経験と知識を養いながら専門の資格を取れば賃金はもちろんですが、自分のスキルアップも図れます。ネット社会の今、どの会社も企業もネットワークが必須となっており、おのずとネットワーク監視などの仕事も増えてきています。

コンフィグ管理とは、運営をサポートするソフトウェア管理システムを用いて、システムの構成やプロジェクトにおける成果物を管理することです。