迅速かつ的確な対応が大事!風評被害対策について

情報発信をすることが大切です

インターネットを通して風評被害が見られた時、その対策の手法にトラブルとなった文章や書き込みを修正するという方法が普遍的に実施されます。しかしながら修正しただけではトラブルが沈静しないケースがあります。たとえば、ソーシャルネットワーキングサービスで広報担当者の発言が、不適切なものだった場合です。単に訂正するにとどまらずいずれが問題であったか担当者に指導したという対応に関しての情報発信することが肝要になります。

行政機関に相談する対応が重要です

風評被害対策はクライアントをなくし収益が減るというトラブルの他、電話そしてEメールが湯水の如くとどいて業務妨害されるというトラブルにもつながることがあり得ます。その中には会社名が似ていたために巻き込まれたという場合もあり得ます。このような状況では遠慮せず行政機関に相談しにいくことが重要です。もしトラブルが悪化すれば、業務妨害で応対してもらえるためです。加えて、行政機関にも相談済みといったリリースをすることで鎮静化に結びつきます。

的確な分析と対応が大切です

ある会社では、風評被害が現れてしまい、丁寧な説明を公式ホームページを使って行ないました。しかしながら、収束しなかったといった場合がありました。利用者の多くが、公式ホームページでの情報そのものを、把握していなかったのです。しばらくしてから、ソーシャルネットワーキングサービスを介しての発信などをして、風評被害のトラブルは、収束しました。以上のように、しっかりと分析し対応することが、重要なポイントです。

自身に対する誹謗中傷などを見かけたとき、それがネット上のものであれば、速やかに警察署のサイバー犯罪相談窓口などを利用するのも、一つの誹謗中傷対策です。