ネットにおける誹謗中傷の対策方法を知っておこう

誰でも被害者になる可能性がある

会社を経営しているわけでもないので、自分が被害者になることは少ないと考えている人の方が多いですよね。しかし誰もが掲示板に書き込みができ、ブログやSNSを持つことができるようになっています。何も会社に対する誹謗中傷だけではなく、個人への恨みから書き込まれることもあります。明らかな名誉毀損があるのか?といった判断も必要ですが、それを見て当人は不快と感じるでしょう。一刻も早くその誹謗中傷を取り除いてほしい気持ちを受け入れてくれるところがあります。

対策をする専門家に依頼しよう

法務局がプロバイダへの削除要請をしたり、個人で発信者の情報開示請求をすることもできますが、非常に手間が掛かります。そこで役に立つのが、ネットにおける誹謗中傷対策をしている会社です。ネットの専門知識を駆使して、その情報が検索に引っ掛からないようにする方法や、削除を働きかけることもできます。個人で戦うにはそれ相当の知識と時間が掛かりますので、ここは専門家に任せていた方が得策です。専門知識で対策を練ってくれます。

誹謗中傷に対する対策とは?

でもどんなふうに対策をとるのか不思議に思いますよね。基本は埋め立て、逆SEO、削除の3つの対策で誹謗中傷に立ち向かいます。埋め立ては掲示板に有効であり、スレッドが表示できなくなるように対策会社が書き込んでいき、逆SEOは検索をした場合に上位表示されないように、新しいサイトを作って書き込みされているサイトを妨害し、削除は該当している部分を削除するようにプロバイダに働きかけます。削除は時間が掛かりますので、それらの方法で対策をとるのが基本姿勢です。

2ちゃんねる削除人とは、2ちゃんねるサイト内を巡回し不適切な投稿を発見次第、削除する権利を有するシステムオペレーターの総称です。