あれ、こんなにスンナリ?手順を踏めば確実、簡単!ホームページ作り

ホームページ作りの土台、サーバーを借りよう!

今日、ブログなどの各種SNSが誰でも気軽にできるようになりました。しかし、ホームページとなると、作りたいと思っても「制作ソフトなど、何か特別にお金を払わなければならないのでは?」「難しそう」等といったイメージが浮かんできた人は多いのではないでしょうか?実はそのようなことはなく、意外と簡単に作れてしまうものなのです。まずはサーバーをレンタルしましょう。サーバーは、ホームページをインターネット上に置くための土地みたいなものです。有料のサーバーも無料のサーバーもあります。初心者さんは、無料のサーバーで十分ですね。無料のサーバーは、ホームページをインターネット上で見られる状態にした際に、広告が入ります。広告の入り方は、借りたサーバーによって違います。他の無料サーバーを使ったサイトを見て、どのような広告の入り方をしているのか調べて、どのレンタルサーバーを使うか選ぶのも良いですね。また、ホームページに置く事ができるファイルの容量や、制約(商業利用はいけない、成人向けコンテンツは不可等)も決められているので、サーバー選びの参考にしてくださいね。

肝心のホームページはどうやって作ればいいの?

ホームページを手っ取り早く作るには、制作ソフトを使うとよいでしょう。有料のものも無料のものもあります。最近では、無料のものでも機能が充実していますよ。ホームページ用のテンプレートというものも出回っているので、自分の気に入ったデザインを探して見るのも良いですね。また、少しこだわりたいのであればHTMLタグを使ってもよいでしょう。ホームページの内容は、全てHTMLタグでできています。ブラウザで、メニュー?表示?ソースの表示とクリックしていって下さい。不可思議なアルファベットの羅列が出てきますね。これがHTMLタグで、ホームページ上において「ここの文字は大きくする」「ここで音楽を鳴らしたい」「ここの文字はオレンジ」等のデザインを実現するために用いられています。どのようなデザインにするかで使うタグも変わってきますので、慣れてきたら、タグ事典のサイトを参考にしながらサイト作成をしてみると、自分のこだわりが実現出来るでしょう。

出来た!でも、皆が見られる状態にするには?

さて、せっかく作ったホームページですが、どのようにすれば皆がインターネットで閲覧できるようになるのでしょうか。一度作ったホームページは、ページごとにサーバーにアップロードする必要があります。そのホームページに使った画像や音楽のファイルもアップロードしましょう。アップロードし終わったら、確認をしてみましょう。いかがですか?自分の作った通りに、ホームページは表示されているでしょうか?じっくり確認して問題がなければ、今度は作ったホームページを見てもらうための行動に移りましょう。誰かに見てもらうためには、宣伝用の掲示板等で宣伝をしたり、サーチエンジンに登録したりする必要があります。誰がいつ、どのサイトから来たかを知るために、アクセスカウンターを設置するのも便利ですよ。色々な人に見てもらえるのは、嬉しいですよね。手順を確実に踏んでいけば、ホームページは意外とサクサク作ることが出来ます。機会があったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

レンタルサーバーの利用方法について興味がある時には、専門業者からの助言を受けることがとても効果的です。